忍者ブログ
  • 2016.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2016.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2016/09/28 00:37 】 |
ソフトボール ピッチング コントロール練習法法


自分なりに努力を続けているものの、伸び悩んでいてなかなかスキルが上達せずにいたとしても、
短期間のうちに球種が一気に増えていき、試合でも投げ切れるピッチングができるようになる練習法がこちら











あなたも、↓の中に思い当たることはないでしょうか??


■チームで自分より上手にピッチングできる人がいない

■変化球を覚えるどころではない

■試合があると憂鬱な気持ちになっている

■先輩ピッチャーの投げ方をまねても良くならない







ソフトボールのピッチングは、基本の型はあるものの、さらに上を目指すためには、

自分の体格や個性に応じて、自分なりのスタイルを築き上げていく必要があります。



たとえば、ボールのリリースポイントや回転のかけ方は、人によって最適な方法というのが違い、

そうした「自分だけの方法」をできるだけ早く見つけることが、練習で大切なポイントになってきます。









増淵まり子 ピッチング・メソッドは、小学生でも実践できるほどまで、解説の内容が非常に丁寧な練習マニュアルで、

シドニーオリンピック日本代表として銀メダルを獲得した彼女の全てが詰め込まれています。



増淵さんは、五輪以外でも東京女子体育大学時代インカレ4連覇、世界選手権・アジア選手権優勝といった、

ずば抜けた成績を残していますが、こうった実力を身につけることが出来たのも、一重に、

日ごろの練習に力を入れて、できるだけ無駄のないやり方に徹底していたからです。


様々な球種を身につけるというのも、難しそうに見えて、実は単純な練習の積み重ねで培うもので、

要は、どれだけ効率よく練習できるかにかかっています。











増淵まり子 ピッチング・メソッドでは、具体的にどんなことをしていくのかというと、

こちらに詳しい説明がありますので、ここではいくつかポイントを紹介すると、






■体が開いて投げてしまう選手の指導方法

■速い球を投げるためにポイントとなる腕ではないある部分

■ボールの握り方を変えるだけで2種類の球種ができる秘密

■全ての基本となるピッチングの腕の回し方







こうした内容となっていて、

体に無理のある練習を毎日の続けなくとも、適度なペースでトレーニングを続けていくだけで、

必要な技術がどんどん向上していくのが実感できます。




あなたも、増淵まり子 ピッチング・メソッドがあれば、今ままで伸び悩んでいたのが嘘のように、

↓のようになることができます。








■ピッチングの技術が見るからに向上する

■勝つ喜びがさらに増してくる

■たいていの打者なら打ち取る自信が持てる

■対戦チームから恐れられるピッチャーになる












ピッチング上達の秘訣を短期間で身につけることが出来る増淵まり子 ピッチング・メソッドを実践してみるにはこちら












復縁センター
下園壮太口コミ
視力回復
言語習得サイクル

レーシック 角膜炎

PR
【2011/12/06 00:18 】 | ソフトボール ピッチング コツ
| ホーム |